ヒカルの動画から学んだこと!紹介していた飴の正体は?


3月18日の夜にヒカルのYouTubeにあがった動画をご覧になったでしょうか?

トイレットペーパーがヒカルの家からなくなってトイレに行けないのでトイレットペーパーを見つけるまで、帰れませんという企画をやっていたのですが、その企画をやっている中での発言がものすごく今コロナウイルスでなやまされている人たちにとって、響く内容だったので紹介していきたいと思います。

このヒカルの動画をみるだけでも今の時代の情報取捨選択の大事さ、人間の怖さというものがわかると思います。


動画の内容

 


動画の内容を軽く紹介していきます。

気になる方は動画を貼っておくのでご覧になってから記事もチェックしてみてください。

ヒカルの家からトイレットペーパーがなくなったので、ヒカルチャンネルのメンバーである、ヒカル・まえっさん・名人・ロケマサの四人でトイレットペーパーを見つけるまで帰れませんというのを企画でやっていました。

その動画の冒頭でこのトイレットペーパーのなくなった原因がネットに出回ったコロナウイルスによりトイレットペーパーがなくなるというデマを信じた一部の人たちがトイレットペーパーを買い占めたがためにほとんどの店からなくなってしまっているとおっしゃっていました。

そのうえでこうした情報をすぐに信じてしまう人間のこわさと同時にそうした情報を取捨選択していくことの大切さを強調されていました。

そしてそこからトイレットペーパーを探すというのを一通りやって帰ってきて、本当はトイレットペーパーは家に買いだめしてありましたというオチで動画は終了します。


動画内で紹介されていたインフルブロック飴の正体とは


動画の3分手前のあたりからヒカルの知人から紹介されたというウイルスをのどからブロックしてくれるインフルブロック飴について紹介されていました。

山田孝之さんもインスタグラムで紹介していたそうなのですが、どのような商品なのでしょうか?

見つけたので紹介します!

https://milmeal.com/toyo/

上記がインフルブロック飴の販売されてある公式ホームページです。

楽天のリンクも貼っておきますのでこちらから直接購入することも可能です。

東京大学の医学部名誉教授も推奨と書いてあります。

この飴の効果がどれほどのものなのかは正直あまりわかりませんが気になったかたは楽天のリンクと飴の販売してある公式販売所のリンクを貼ってあるので参考にしてみてください。

 

ヒカルの伝えたかったこととは?考察します

 


この動画を通して伝えたかったのは、ただ店からトイレットペーパーやティッシュがなくなっていて全然見つからないという企画でやっていた内容のほうではなく、動画の冒頭ではなされていた話のほうです。

すぐにTwitterで多くのいいねがついたりしているツイートを信じ込んでトイレットペーパーなどを買い占めたりするのではなく、自分でネットでほかの情報を調べてみたりして、自らで情報を取捨選択していくということ、他人の発信している情報を鵜呑み(うのみ)にしてしまわないことの大切さを視聴者として改めて、ヒカルというYouTuberから直接動画としてみることで学ばしてもらったし、それをヒカルも伝えたかったのだと思います。

また動画の中で、ヒカルがお金持ちの知人から紹介されたというインフルブロックのど飴というのについて紹介していましたが、これも動画を見た人なら、すぐに欲しくなってしまうと思います。

実際わたしも一粒100円もする高価な飴ですが、それでウイルスをふせげるならほしいと思ってしまいました。

ただこれも、もしかしたら私の深読みのしすぎなのかもしれないですが、これさえもヒカルの情報を取捨選択しろよというメッセージなのかもしれないと思ってしまいました。

この情報を鵜呑みにせず、取捨選択しながら日々を生きていくというのは今のコロナウイルスに悩まされている状況は関係なしに、いつどのような状況においても特に、現在のネット社会では必要になってくるものです。

この大切さをヒカルの口からきくことによって身近な問題としてより体感できたのではないかと思っています。

まとめ

ヒカルの昨日出された動画の内容とその考察について書いてきました。

ヒカルの動画というのはすごくメッセージ性が強い動画もあるし、非常に考えさせられ、勉強にもなるなと感じました。

この動画を見た方ならヒカルの動画を通して伝えたかったこと、理解してほしいことというのがなんとなくでもわかったと思います。

この動画で改めて理解した情報を鵜呑みにせず、取捨選択しながら生きていくということをすこしずつでも実践していきたいと思っています。


ねっと
この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします