「麺屋極鶏」のメニューや待ち時間は?激戦区一乗寺で行列ができるラーメン屋を紹介!


今回は「麺屋極鶏」に行くため、関西屈指のラーメン激戦区の一乗寺を訪れました。

店に近づいてきて行列ができている店があれば、おそらくそれが「麺屋極鶏(めんや ごっけい)」。

それぐらいわかりやすくて、人気で、魅力のあるお店です。

なんといってもこの「麺屋極鶏」のらーめんの魅力は、スープの超級の濃厚さとこってりさです。

そのスープの濃厚さはなんとレンゲが立ってしまうほどなんですよ。

そして味はもちろん一級品で、このラーメンは本当に一度食べるとやみつきになることまちがいなしです。

今回はこの「麺屋極鶏(めんや ごっけい)」での店に入るまでの待ち時間メニュー、そして実際食べた感想など、極鶏の魅力をたっぷり書いていきたいと思います。

 


麺屋極鶏の場所や営業時間を紹介!

京都の一乗寺までのアクセスは、京阪出町柳駅などから叡山電鉄に乗り換え、一乗寺駅で下車すると到着します。

「麺屋極鶏」は、一乗寺駅から叡山電鉄修学院駅の方向に向けて歩いていきます。

ちょうど一乗寺駅と修学院駅の間にお店があるので出町柳方面ではなく、比叡山や鞍馬の方面から電車に乗ってこられる方は修学院駅で降りて歩く方が早いでしょう。

どちらの駅からも徒歩10分ほどかかります。

住所:京都府京都市左京区一乗寺西閉川原町29-7
営業時間:11時30分~22時00分(通し営業)※スープが無くなり次第営業終了
定休日:月曜日

 


麺屋極鶏のメニュー・おすすめメニューは

ここでのおすすめは、一番定番の鶏だくらーめんです。

ほかにも癖になる辛さの「赤だく」やにんにくがたっぷりと入った「黒だく」、魚がたっぷり使われた「魚だく」があります。

セットとして、卵かけご飯セットを頼む方も多いです。

値段はらーめんはすべて700円で、卵かけご飯セットも900円とかなりリーズナブルな値段だと感じました。

麺屋極鶏の待ち時間や気になる行列は?

いつどの時間にいってもならんでいる名店なので、普段どれくらい行列ができているのかどれくらいの待ち時間があるのか気になる方も多いと思います。

まず私が訪れた日時を書いておくと、1月の土曜日で時間帯は15時前です。

ランチタイムではないのでさすがにこの時間になれば列もほとんどないだろうと思って行ったのですが、考えが甘かった!

15時前にも関わらず10人ぐらいは並んでいて、結局1時間近くは待たされることになってしまいました。

ただ店の客の回転は速いほうだとは思うので、見た目ほど待ち時間はないと思います。

食べ終わって店を出たのが16時半ごろで、そのころでやっと待っている人数が5人いるかいないかぐらいでした。

お昼ごろだともうすこし並んでいる人が多くなり、15時前に並んでいた人の1.5倍から2倍近くの人が並ぶことになります。

ですので待つのが苦手な方は、15時以降に訪れることをお勧めします。

麺屋極鶏へいざ入店!味の感想は?

極鶏らーめん

1時間待ってやっと入店。

店のなかはカウンターとテーブルが2つほどで、あまり広くはありません。

注文は席に着く前に終わっているので、席についてほどなくして注文したラーメンが運ばれてきます。

もちろん頼んだのは定番の「鶏だくらーめん」です。

麺がスープから浮いているようにも見えます。

この極鶏(ごっけい)で使われている麺は、特徴のある四角い麺で有名な京都の製麺所で作られています。

もちろん麺の形も特徴的なのですが、やはり特徴はスープに負けない麺の歯ごたえです。

この麺がスープとうまくからまり合わさって、ラーメンとしての美味しさをうまくだしています。

そして麺と同様に、トッピングのメンマとチャーシューもスープに負けて存在感が消えないように厚くなっています。

本当に味はこってりなのに思ったよりあっさりしていて、飽きない味でくせになる味です。

飽きない味だし他にここまで特徴的なスープを出している店がないので、定期的に通いたくなるのだと思いました。

まとめ

今回は関西屈指のらーめん激戦区一乗寺の中でも有名・人気店の「麺屋 極鶏」について書いてきました。

ここまで超濃厚で印象的ならーめんというのは一乗寺や関西全域でみても中々ないと思うし、しかも飽きない味を提供しているというのは本当にほかにはないお店だと思います。

女性の方は男性よりもあっさりしたらーめんのほうが好きという方も多いとも思うのですが、この店は女性客も多くいました。

男性女性関係なく、ラーメンが好きな方皆さんに一度は食べていただきたいと強く思うラーメンです。

もちろんたいていの時間帯で並んでいるので並ぶ覚悟は必要ですが、その並んだ時間を無駄にはさせないようなラーメンを食べることができますよ。

一乗寺にはほかにもおいしくて有名ならーめん屋がたくさんあるので、あまりにも極鶏で人が並んでいて今回は並べないと思ったら、ほかの店を訪れるのももちろんアリだと思います。

自分だけの一乗寺を開拓してみてもいいかもしれません。


極鶏らーめん
この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします