ベトナムで配信された今話題のコロナダンスってなに?コロナウイルス感染予防を促進!?


今話題のコロナダンスをご存じでしょうか?

ベトナム国立・環境衛生研究所と話題のヒットソングを歌うシンガーたちが共同作成したこの音楽とアニメが、コロナウイルスの予防のための情報も正確に伝えてくれると評判になり、ベトナムでその人気が大爆発し、世界中に今広まっています。

またアニメと音楽だけでなく、その聴きやすい音楽だけでなく、リズミカルでノリノリの踊りやすいダンスも注目されていて、YouTube上で踊っている動画を出されている方もいます。

この音楽とアニメ、ダンスの動画は、YouTubeでも見ることが出来、3月20日現在で2000万回以上再生され多くの方が見るコンテンツになっています。

そこで今回はより多くのかたにコロナウイルスを少しでも予防してもらったり、情報を知ってもらうためにも、この動画の内容を皆さんに共有し、役立ててもらいたいなと思っています。


今話題のコロナダンスの歌の曲の名前は?

 

上記がアニメと音楽、下記が手洗いダンスを含む踊りがよくわかる動画です。

まずは歌詞がわかる、上の動画を見てみて下さい。

この歌はGhen Co Vyと呼ばれ、日本語にすると次のような意味になります。

Ghen=嫉妬Co=少女Vy=固有名詞を表しています。

ただCoVy=Covidということにもなり、新型コロナウイルス感染症を指すCovid19というのも示していることになります。

音楽はベトナムの歌手グループKhac Hang ×Min×Ericの人気曲である「Ghen」という曲を替え歌にしたもので手洗いや消毒の大切さを伝えるために作成されました。

下記の動画が原曲になっています。


どういった歌詞なの?解説します

 


では実際に曲の歌詞について書いていきたいと思います。

まずはAメロです。

Aメロではまず新型コロナウイルスというのはどういったものなのかということについて説明されています。

中国の武漢から発生したもので脅威的なスピードで世界中に拡散していることを伝えたうえで、自覚をもって防いでいきましょうということを伝えています。

そこからは具体的になにをするのか、してはいけないのかということが述べられます。

この歌詞は歌の中で何度もでてきますし、一番ウイルスを予防するうえで、大事なものといっても過言ではないです。

その歌詞というのが「しっかり手を洗え!目・鼻・口を手でさわるな!人ごみに入るな!」、そしてコロナウイルスを撃退しようという歌詞です。

そしてBメロです。

Bメロでは、Aメロと同じ内容に加えて、コロナウイルスというのは小さいながらも、脅威的な力をもち、何人もの尊い命を奪ってきた。

だから一人一人が協力しあおう、ということと

健康に気を配れ・周りの空気をきれいに保て!」、そしてみんなで意識を高めて、コロナウイルスを撃退しましょうということを歌詞にして伝えています。

この歌詞の内容を実践するし、皆も準備万端だから、ベトナムはコロナウイルスに勝つことを決意した、明日はもう大丈夫だ、押し寄せる困難は気にしないということを最後に伝えてこの歌は終了します。

この音楽はとてもテンポもよくて、歌詞が頭のなかに残りやすかったし、どうすればコロナウイルスを少しでも防げるのかという事がとても明確でこの動画を見た・聞いたほぼすべての人にとって分かりやすい歌になっていたと思います。

実際私はものすごく内容も頭に残っています。

またアニメのような映像をつけたことも、良かったと思います。

喧嘩をして険悪なムードだったカっプルが最後はキスをするというストーリーになっていたのが印象的でした。

 

本日3月20日にテレビでも取り上げられるそうなので、興味のある方はご覧になってみてください。

まとめ

今話題のコロナダンスについてその歌詞の内容などをまとめてみました。

この曲を聴くことで、コロナウイルスの予防のためにどのようなことをすればいいのか、どのようなことをすればいいのかということがテンポのいい音楽にのって聞くことができたため、印象に残りました。

世界中の人たちがコロナウイルスを一日でも早く撃退するために今こそ協力して、予防をしていく、準備をしていくというのが必要だと思います。

一人でも多くの人がこの音楽を通して、予防というものにたいして自覚をもって取り組んでもらえると幸いです。


ウイルス予防
この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします