「とある男が授業をしてみた」葉一って一体誰なの?気になる学歴や本名、活動内容を紹介!


皆さんは教育系YouTuberと言われる人を思い浮かべると誰が思い浮かぶでしょうか。

教育系といってもジャンルが幅広いため、思い浮かべる人はさまざまかもしれません。

ただ、特に学生や学生の子供を持つ親御さんならこの人を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

それが2020年11月29日現在、YouTubeチャンネル登録者115万人を誇り、NHKの「おはよう日本」という番組や超有名番組「情熱大陸」に出演するなど今、話題を集め、学生からの人気もあつい、「とある男が授業をしてみた」の葉一です。

そんな葉一は勉強をメインとした動画を投稿し、絶大な人気と知名度を集めています。

今回はその葉一のプロフィールというのを詳しく紹介していきたいと思います。

 


「とある男が授業をしてみた」葉一って誰なの?紹介します

 

プロフィール

本名:非公開

生年月日:1985年3月11日 で 2020年11月現在 35歳

血液型や身長等も公開されていません。

出身地:福岡県

福岡県熊本県埼玉県群馬県

出身高校→わかっていませんが、群馬県高崎市の高校ではないかと推測している人もいました。

出身大学→東京学芸大学

職業経歴 会社員塾講師YouTuber(現在)

YouTubeにおける活動内容

様々な教育系YouTuberがいる中で、葉一は小学3~6年生(算数)中学(英・国・数・理・社)、高校(数学)の教科書にのっとった内容を2012年からYouTubeで配信し続けています。

また、動画内で解説した問題を無料でプリントアウトできるサービスもしていて、そのとことん頑張って学習する学生・視聴者に尽くす姿勢は人気を集めています。

動画の内容はさまざまで、問題の解説動画や、その月ごとに受験生がすべきことを話したり、勉強に関することをとにかく投稿しています。

なぜ、塾講師をやめて、お金を稼げる保証のないYouTuberになったのか

葉一は大学卒業後、個別指導塾で働いていたそうです。

自分のやりたかった仕事でやりがいを感じていましたが、その中で、特に個別指導の塾の月謝は高く、通わせることができない人が多くいるということも知ったそうです。

そこで塾に通えないこどもたちのためにできることはないかと考え、はじめたのが誰でも無料で見れるYouTubeだったということです。

なんとも素敵な理由ですよね。

この考えが根底にあるからこそ、人気や信頼を集めることができるのだと思います。

 


そこから地道に活動を続け、視聴者である特に学生に寄り添う姿勢は次第に評価されるようになり、テレビ番組などでも紹介されるようになります。


多くのYouTuberともコラボ!超有名YouTuberが多数!

多くのYouTuberとも勉強などについて語る動画などでコラボしてきました。

人気YouTuberは高学歴な人も多いため、そのような人たちとのコラボはファンをも喜ばせてきました。

どのようなYouTuberとこれまでコラボしてきたのでしょうか。

羅列していきたいと思います。

はじめしゃちょー(チャンネル登録者数:902万人)

東海オンエア(チャンネル登録者数:562万人)

はなおでんがん(チャンネル登録者数:168万人)

ほかにも何本かコラボ動画が上がっているので気になる方はぜひ見てみてください。

おるたなchannel(チャンネル登録者数:241万人)

他にもさまざまなYouTuberとコラボしているので気になったかたはぜひ検索してみてください。

さまざまな人の勉強法を聞くというのは必ず役に立つはずです。

まとめ

勉強に悩むすべての学生にむけてチャンネル更新を頑張る「とある男が授業をしてみた」葉一についてそのYouTube活動をはじめる経緯やプロフィールの紹介、これまでコラボしてきたYouTuberなどをまとめてきました。

活動を評価され、テレビでも注目されるようになるまで、かなりの努力をされていて、その結果として今に至るのだと思います。

これからも学生から必要とされ、役立つ情報を供給していくであろう葉一の活躍をこれからも見守り、応援していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。


勉強
この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします