レぺゼン地球のDJ社長がコレコレを脅迫!?その驚きの内容に批判殺到!


YouTuberコレコレがヘラヘラ三銃士によるかねこあやへのいじめ疑惑のことについてYouTubeライブをしていた際、自分自身もいじめのようなものを受けていると衝撃の告白をしたのです。

その相手がなんと先日解散も発表されたレぺゼン地球のDJ社長だと告白したのです。

そのいじめ、脅しともとれる驚きのないようとはいったいどんなものだったのか、まとめていきます。

 


DJ社長がコレコレを脅す!?

そもそものきっかけってなんなの?

DJ社長がコレコレを脅したっていうけど一体なんのことなのかさっぱりわからないかたもいると思います。

きっかけは一体何だったのでしょうか。

そもそもがーどまん(登録者数:156万人)というYouTubeとコレコレがもめたことが原因です。

2020年の3月に人気YouTuberへ「メントスコーラしてください」などと言い、突撃を繰り返していたへずまりゅうがーどまんにも同様に突撃。

へずまりゅうのiphoneが破壊されるトラブルはありましたが、両者はその後和解しました。

ところが、コレコレがこのことを動画のネタにしたため、今度はコレコレとがーどまんが対立することになりました。

そこに現れたのが、がーどまんと仲の良いレぺゼン地球です。

レぺゼン地球DJ社長が急に絡んできて、コレコレに対して「今回の件、マジで引きました。正直キモ過ぎて鳥肌立ちました。

二度とコレコレさんの口からレぺゼン地球の名前を出さないでください。

などと発言したそうです。

これが、最初のきっかけです。

それに対してコレコレが気に入らず、このラインを生放送でさらすと返答。

すると、DJ社長が電話で「おまえのことを全力でつぶそうと思っている」などと発言したそうです。

ただ、この電話でのやりとりを録音していたコレコレが録音しているということを伝えると急に「録音は勘弁してほしいです」「なんでもするんでゆるしてください」という方向になったそうです。

これにコレコレのチャンネルの視聴者はコレコレが録音していることぐらいわかるだろ、それをわかったうえで発言をしているのだと思った、とDJ社長の甘さを指摘するコメントが目立ちました。

そこで事務所の仲裁もあり、コレコレ側がYouTubeでコラボをすることを条件にこの件をさらさないということを約束したそうです。

DJ社長はこの決定に対して、失礼なラインを詫びたうえで、「さらさないでいただいて本当にありがとうございます」と返信しました。

ところが結果として、ラインのやりとりがさらされている。

これはどういうことなのでしょうか。

 


なぜ、ラインのやり取りをコレコレはさらした?

コラボしていれば、やり取りをさらされることはなかったはずです。

本人ももちろんそのつもりだったそうです。

そもそもコラボする予定であった動画は下記の動画です。

この動画でコラボ予定だったのですが、出演しなかったのです。

なぜなのか、それはこのやりとりをしていたのが3月ごろなのですが、そのころにはレぺゼン地球がYouTubeをやめることを決断していたからだそうです。

もうYouTubeをやめるのだから関係ないというスタンスだったため、コラボしてこなかったそうです。

 

 視聴者の意見

このレぺゼンのがちの脅しに対して、視聴者はレぺゼンはおもしろいけど今回の件はさすがに引いたというコメントを多くの方が残しています。

 

 

まとめ

今回のライブ配信で暴露されたDJ社長の件についてどのような経緯で暴露にいたったのか、その経緯についてまとめました。

もし本当のことであるとすれば、DJ社長の行為は普段のキャラと合わせたとしても許されるものではないと思います。

この件に関してレぺゼンサイドからなにか今後リアクションはあるのか、見守っていきたいと思います。


ユーチューブ
この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします