「道をあけろ」発言で炎上のコムドット、マホト提示の究極の選択に見せた男気


皆さんは今人気急上昇中の5人組YouTuberコムドットをご存じでしょうか。

リーダーのやまとゆうたひゅうがゆうまあむぎりのイケイケの5人で活動しています。

そんなコムドットなのですが、YouTuberへの宣戦布告ツイートがほかのYouTuberやそのファンからの批判をよび、物議をかもしました。

そのツイートがこちらです。

コムドットリーダーのやまとのツイートなのですが、これに対して人気YouTuber【MIKIODA(みきおだ)】のみっきーが「鼻についた」などとコメントしました。

コムドットファンはこのやまとのツイートをパフォーマンスとして受け取りかっこよすぎると盛り上がっていたわけですが、コムドットを知らない人や外野からすると「なんやこいつらは」「YouTubeの先輩たちに対して失礼すぎる」となり、騒ぎを生みました。

そんな中でも、コムドットはYouTuberとのコラボというのを継続していて、大先輩のYouTuberマホトMAHOTO(登録者70万人)や騒動の渦中にいたみきおだ【MIKIODA】(登録者90万)みっきーともコラボしました。

今回はそんなコラボ動画のなかから、マホトのドッキリ企画中にコムドットが見せた男気について書いていきたいと思います。

 


マホトのガチ説教ドッキリで見せたコムドットの男気

こちらがマホトのチャンネルに投稿されたコムドットとのコラボ動画で、この動画の内容はムドットが調子に乗っているからガチ説教してみたという内容です。

コムドットのメンバーが全員出演しているわけではなく、メンバーのやまと、ひゅうが、そしてマネージャーのぼんがこの場にいます。

実際のところはこの「道をあけろ」発言などに対してはなにも思っていないのですが、ずばずばとマホトがコムドットのメンバーに対して斬りこんでいきます。

相馬トランジスタは隣で号泣するという演技をし、コムドットがこれがガチなのか、ドッキリなのかをかく乱する役割を果たしています。

マホトは自然な形で騒動の内容に関してコムドットに話題をもちかけ、

あーいうツイートはファンしか喜ばないじゃん

こうしたツイートをして敵を作る割には、コラボしてくださいといった感じですごく下から来るじゃん。

でかい口たたいてる割には、俺らが作ったレールの上を歩いているだけじゃん

などと視聴者も思わず納得してしまう、ドッキリだけど的をついた厳しい発言をしました。

さらにマホトがつめ、YouTuberとは結局仲良くしたいのか、しないのかという究極の選択を提示します。

全YouTuberに宣戦布告しているってことはそこに俺らも入ってるわけじゃん

コラボなんてしないで自分らだけでやればいいじゃん

言ってることとやってることがちがう

俺らと関わんなくてよくね?

これに対してリーダーやまとは

責任持ちます。

全YouTuberを敵に回してでも、上にあがりたいなっていう覚悟でYouTubeやります

と発言。

マホトも

俺はそれでいいと思うよ。

え、もう言ったかんな

絶対後悔すんなよ

と返しました。

こうしたやりとりが続いて15分弱、ついにマホトがネタバラシ。

これにはコムドットひゅうがは「もう嫌だもう嫌だ」を連発し動き回りやまとは相馬トランジスタに抱きついていました

マホトには以前の動画でもドッキリにかけられていたのですが、今回もきれいにだまされていましたね。

ただ、マホトや相馬トランジスタはもちろん、コムドットひゅうがでさえもやまとの見せた覚悟には驚いたようで、

かっこいい

さすが西東京よ

さすが後輩よ地元の

と言い、本当に今回のことに関してなにも思っていないからこれからも頑張ってという形で動画をまとめました。

 


まとめ

ここまで、コムドットの騒ぎの原因を説明したうえで、コラボしたマホトのドッキリ動画内で見せた男気についてまとめてきました。

ここまでの覚悟をもってYouTubeをやっているYouTuberというのは一体どれだけいるのでしょうか。

強い覚悟を持って、大きな目標をもってYouTube活動をコムドットがしているというのは知っていましたが、今回の動画やその動画内でのコムドットやまとの発言を聴いて、さらにその覚悟の強さを認識することができました。

こうした意志の強さがあるからこそ、周りのコラボしたYouTuberもコムドットのことを好きになるのだろうし、ファンもコムドットを応援するのだと思います。

わたしもコムドットをこれからも応援していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 


炎上
この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします