なぜ、ヒカルとカジサックは1年以上コラボできなかった?宮迫のせいというのは嘘!?


ついに1年ぶりにヒカルの動画でヒカル(チャンネル登録者数:426万人)とカジサック(KAJISAC 梶原雄太 チャンネル登録者数:216万人)がコラボしました。

このコラボは本人だけでなく、視聴者も長い間待ち望んだコラボでした。

そんな待ち望まれていたコラボがなぜ、1年間も間が空いてしまったのでしょうか。

そこにはさまざまな事情というのがありました。

そこで今回はなぜ両者のコラボが1年間もできなかったのか。

宮迫とヒカルが絡んだことが一因なのではないかともいわれていますが、実際のところどうなのか、宮迫のせいというのは嘘なのかその真相をまとめていきます。

 


ヒカルとカジサックはなぜ1年間コラボできなかった?原因の真相は

前回のコラボは2019年8月30日投稿の動画でのコラボです。

下記の動画です。

こちらの動画はなんと2020年12月時点で700万回再生以上されています。

このシリーズは本当に人気でほかの動画もかなりの動画が再生されています。

この2019年8月から1年以上空いたということです。

2人がコラボできなかったのは宮迫が関わっている!?

コラボができなくなった当初、ヒカルがヨシモトからNGを出されたのではないかと言われていました。

それがヒカルと宮迫がYouTubeでコラボしたためです。

視聴者の多くはこうしたことが原因でコラボできなくなったと実際に思っていたようです。

こうしたことを説明するためにはやくコラボをしたい、視聴者に説明をしたいとカジサックは特に思っていたようです。

実際のところコラボできなくなった原因はヨシモトからNGを出されたから、宮迫とヒカルがコラボしたからではなかったそうなのです。

ではなにが原因だったのでしょうか。

本当の原因は?

本当の原因は吉本興業という会社が転換期を迎えていたということが前提としてあるようです。

宮迫の問題も含め、吉本じたいがあまりいい会社というイメージを持たれていませんでした。

そこで吉本興業がクリーンな会社、ホワイトな会社になるための変化をしようとしていたようなのです。

それがヒカルとカジサックのコラボにも関わってきます。

なぜかというとヒカルの動画のイメージです。

ヒカルは今でこそかなりクリーンなチャンネルになっていますが、これまでヒカルの動画のイメージといえば「祭りくじの闇を暴いてみた」など闇をあばくシリーズです。

こうした動画は危険も伴うため、グレーな人間とももしかしたら関わってくる可能性があるのではないか、そうした懸念がヨシモトのなか、カジサックに関わるチームの中であがったのです。

クリーンを目指す吉本にとってある意味YouTubeにおける吉本の顔ともいえるカジサックとヒカルがコラボするのはどうなのかという話になったのです。

カジサックは「それは絶対ない。ヒカルとコラボしたい。」

ヒカルはYouTubeでの恩人であるため、そこの関係は切れない、このように発言していたのですが、なぜこれでもコラボができなかったのか。

そこには吉本における梶原雄太の恩人から頼まれたことにあるようです。

その恩人から「いったんコラボは様子を見てくれないか」と言われたそうです。

ここでカジサックは板挟みになったわけですが、吉本の恩人を裏切るわけにはいかず、コラボはいったん様子を見ることになったということです。

私自身はこれ以外にも理由があってもおかしくはないと思いますが、動画内ではこのような理由が述べられていました。

理由はなににせよ、今コラボできるようになったということがなによりもうれしいことです。

ついにコラボ成立!

コラボは様子を見るとなってから1年以上。

ついにコラボできるようになり、この真相を語れるようになったわけですが、このコラボに至るまではカジサックと吉本側での話し合いが何度もあったようなのです。

1か月に1回はカジサックが「まだヒカルさんとはコラボできないのか、早くしたい」というようなことを会社に訴えかけていたようです。

この訴えかけと、ヒカルのチャンネルでもう闇を暴く系は基本的にはしない宣言をしないをしたことも要因の1つだったようです。

ヒカルに対しての怖さなどが薄れたことと、その怖さよりヒカルとカジサックがコラボをするほうが得るメリットが大きいと判断された結果ともいえるでしょう。

こうしたこともあって、晴れてカジサックからお持たせしました、コラボしましょうという形でコラボが成立しました。

 


なぜ宮迫が原因なのではないかといわれるようになったのか

宮迫が原因ではないかといわれるようになったにもちゃんとして理由がありました。

それがタイミングの悪さです。

ヒカルと宮迫がコラボしたタイミングがたまたま吉本興業のクリーン化のタイミングと重なったのです。

これが原因で宮迫が原因なのではないかといわれるようになったということです。

次は宮迫とカジサック、ヒカルの3人で牛牛でコラボ!?

決して宮迫とカジサックがコラボしてはいけないわけではないかということが明らかになりました。

ということはこの3人のコラボというのが成立する可能性もあります。

カジサックも宮迫に対しての敬意というのを動画のなかでも表しており、これは今後十分にありえそうです。

 

まとめ

ここまで、ヒカルとカジサックが1年以上もなぜコラボできなかったのか、宮迫がキーマンともいわれたこの真相についてまとめてきました。

実際のところは宮迫が原因、ヒカルがヨシモトからNGを出されたということではなかったのですね。

ヒカルがチャンネルをクリーンな方向に転換したこともやはり再びコラボできるようになった要因のようです。

毎回コラボをするたびに結果をだし、話題をよぶ両者のコラボ。

そんな二人の次のコラボがもう楽しみです。

これからもヒカルとカジサック。

2組の活躍をこれからも応援していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 


焼き肉
この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします