【コムドット】やまとの英語力を調査!ペラペラで入試問題は満点!?


人気グループYouTuberコムドットをご存じでしょうか。

西東京を拠点に活動する5人組YouTuberなのですが、そんなグループのリーダーやまとは上智大学に通っており、賢いことでも有名です。

特に数ある教科の中でも英語がかなり得意なのだとか。

今回はやまとが本当に英語ができるのか話せるのかということをこれまでのコムドットの動画やエピソードをもとに、筆記スピーキングの両側面から明らかにしていきたいと思います。

 


英語の勉強はできる?筆記から英語力を調査

学校での成績

下記動画で高校時代の学校での成績などについて語られていたので、こちらの動画などをもとに高校時代の成績を英語を中心にまとめていきたいと思います。

高校入学当初は、あまり成績がよくなかったそうで、370人中180ほどと真ん中あたりの順位だったんだとか。

その原因は毎日のようにビリヤードなどをして遊んでいたことで、その気になる相手はなんとメンバーのひゅうがでした。

そんな毎日から一転して、高校3年生になり部活でもエースポジションを任されるようになったことをきっかけに、勉強のやる気に拍車がかかるようになります。

そこでまずは得意科目であった英語を極めることにし、満点(90点台後半)をとるようにしていたそうです。

この英語の勉強を通して要領を抑えることを学び、ほかの科目にも活かしていくことで全体的にも成績が上昇していきました。

順位でいうと180位あたりから最終的に4位にまであがったそうです。

入試問題で満点!?

こちらの動画ではやまとが泥酔状態でやまとの母校である中央大学附属高等学校の英語の過去の入試問題を解く企画をおこなっていました。

この高校の入試問題は長文の量も多く、難易度が高いことで有名なのだそうですが、なんとやまとは100点をとっていました。

もちろん高校・大学と英語の勉強をしているため、英語力は間違いなく伸びているはずですが、それでも100点をとれる人というのは少ないのではないでしょうか。

英検などは持っている?

英検は準1級を持っているそうです。

レベルとしては大学中級程度で、社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用することが求められます。

準1級は受験などでも優遇措置を利用できたりと様々な場面で適用されることも多いことから人気かつ難易度の高い資格となっています。

 


英語はペラペラなの?気になる実力とは

幼いころからの英才教育!?

英語を話す機会として3歳のころからなんと英会話教室に通っていたのだそうです。

そのため、英語という言語自体に触れる機会というのは他の子に比べると多かったのかもしれません。

英語を話せるの?

ここまではやまとの筆記面でのやまとの英語の実力をまとめてきました。

少なくとも一般的な人と比べるとやまとは英語がかなりできるのではないかと考えることができます。

では実際に英語を話すということになるとどうなのでしょうか。

こうした動画で、やまとが実際に英語を話しているシーンを見ることができます。

英語関連の企画は過去に何本も投稿されているのでぜひ視聴してみてください。

本当にやまとが英語を話せるのか、PDRというYouTuberが検証した動画もあったので、英語を話せる人から見てあっているのかどうか気になる方はこちらの動画も参考にしてみてください。

英語を話している動画を見る限り、細かい文法的な間違いなどはあっても、確実に英語を聞き取り、そこから話すというリスニング力スピーキング力は確実にあるのではないかと感じました。

皆さんはこうした動画を見てどのように感じましたか?

 

まとめ

ここまで、コムドットやまとの英語力について筆記スピーキング両方からまとめてきました。

学校での成績はかなり高く、英語のテストは満点に近い点数を取っていた事がわかりました。

英検も準1級を取得している、中央大学附属高等学校の過去の入試問題でも100点をとっていることなどからも英語の筆記の実力は相当であるようです。

また話すことに関しては、3歳から英会話教室に通っていたことなどからも、英語に触れる機会も多く、かなり話せるのではないかということがわかりました。

学生時代からこつこつと英語を勉強していけば、やまとのように英語ができるようになるのかもしれませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。


英語
この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします