Lazy Lie Crazy【レイクレ】の年収は実際いくらなの?その振り分け方法は?


皆さんはよぉー暇人」という挨拶から始まる大阪を拠点に活動する5人組YouTuberのLazy   Lie   Crazyレイクレをご存じでしょうか。

どば師匠たかしてっちゃんともやんぺろ愛男爵の5人で構成されているグループで、2020年12月13日現在チャンネル登録者数は48.2万人をほこっています。

一時期なかなかチャンネル登録者は増えない時期もありましたが、TikTokで話題を集めたりするなど彼ら自身の努力で着実にチャンネル登録者数を増やしているYouTuberです。

始めた時期が少し遅かったこともあり、なかなかチャンネル登録者数が伸びないですがそのポテンシャルや面白さではトップクラスのグループYouTuberにも引けを取らないのではないかと思っています。

レイクレの動画の企画では、最近男気旅行や1か月男気生活などお金を使う散財企画も多いです。

もちろんお金のやりくりがぎりぎりだからこそ、この企画が盛り上がり成り立つのだとは思うのですが、実はかなりの年収をYouTubeで稼いでいるのではないかとも同時に思います。

そこで今回は、レイクレがグループとして一体年収いくら稼いでいるのか、そのお金をメンバー間でどのように振り分けているのかということをまとめていきたいと思います。

GO FOR IT !

 


レイクレの年収は一体いくら?

YouTubeの広告収入

収入源はさまざまあるとは思いますが、まず本チャンネルの広告収入で一体どれほどの年収になるのかをまとめていきます。

基本的にほぼ毎日動画が投稿されているレイクレですが、一本当たりの動画の再生数が平均すると約15万再生。

そこにプラスして過去の動画もかなりの数が再生されており、yutura(https://ytranking.net/channel/10038/chart/)というサイトのデータによると1日平均50万から60万回ほど動画が再生されていることがわかりました。

1日の合計再生数を50万回とした場合、1か月の再生数は1500万回、1年にすると1億8000万回になります。

平均的なYouTuberの1再生あたりの広告単価が0.1円といわれていますが、仮に0.2円と仮定した場合、その年収は3600万となります。

YouTubeの広告収入とはいってもさまざまな形態があるほか、広告収入については正確な数字が出されていないため、あくまでもこの年収というのは推定額になります。

3600万をメンバー5人で割ると、1人当たりの年収は720万ということになります。

そこにプラスして個人の活動で得たお金が入ってくるということになると思います。

最高月収は○○○万円!?

年収は動画内でも発表されておらず、明らかになっていないレイクレですが、一度動画の質問コーナーで最高月収についての質問に答えている動画がありました。

それがこちらの動画になります。

この動画のなかで、最高月収を問われると「300万円」と答えていました。

これがいつの時の月収なのかということまでは明かされていませんでしたが、最近の月収なのではないでしょうか。

ちなみにコラボ相手の「神という名のシロウト」(現在は「ファミリーズ」というグループ名に改名しています)の最高月収は350万円だったそうです。

このレイクレの300万という月収を年収にした場合も3600万円になるため、上記の計算もまちがってはいないのかもしれません。

ほかの収入源はあるの?

メインチャンネル以外に「深夜のレイクレ」というサブチャンネルがあるほか、メンバーのともやんとてっちゃんはそれぞれ個人チャンネルを持っていて動画を更新しています

特に、ともやんの個人チャンネルはレイクレがバズるきっかけともなったともやんのバスケに関する動画が数多く投稿されています。

ただ、ともやんのうまいプレイやバスケをしている動画が見れるというだけでなく、動画に出演している相手方もプロであったり、アンダーの日本代表がでてきたりと一流の選手がでてくるため、本気の白熱した試合を見ることができます。

過去には元NBA選手やプロバスケットボールチーム千葉JETSのエース富樫勇樹も登場し、ともやんと1on1対決を繰り広げました。

メインのチャンネルにも匹敵する人気がありチャンネル登録者数は2020年12月13日時点で34.6万人います。

この個人チャンネルで稼いだお金が本人にすべて入っているのか、メンバーに一部還元されているのかということは不明ですが、このお金が普通にすべて本人にのみ入った場合はともやんは年収1千万円を超えているのではないかと推測されます。

 


メンバーへの振り分け方はどうなっているの?

年収の振り分け方法

グループYouTuberの悩みとして確実にあるのが、稼いだ給料をどのように分配するのかという問題です。

年収をきっちりメンバー同士で平等に分配するグループもあれば、仕事量(動画出演本数や編集の割合など)に応じて分配するグループもあるそうです。

超有名グループYouTuberの東海オンエアやFischer’s(フィッシャーズ)はメンバーの出演本数や編集作業の量にも差があるため仕事量に応じた給料の配分がされています

ではレイクレはどうなのでしょうか。

残念ながらレイクレの給料分配方法は明らかになっていませんでした。

ただ、基本的にレイクレはほぼ平等に振り分けているのではないかと予測されます。

というのも、ともやんのみ出演していない動画というのは何本かありますが、それ以外のメンバーはほぼどの動画を見ても出演しているからです。

編集で特定の誰かばかりがやっている場合は異なってくるかもしてませんが、編集はメンバー全員がやっているはずなので、年収分配は平等に行われるのではないでしょうか。

メンバー1人1人の給料予想

では、ここまでレイクレとしての収入やメインチャンネル以外の個人活動などでの収入源をまとめてきましたが、そのうえでメンバー1人1人どれくらいの年収になっているのかというのを予測していこうと思います。

メンバー 推定年収
ともやん 1000万円以上
てっちゃん 750万円
どば師匠 720万円
たかし 720万円
ぺろ愛男爵 720万円

このような予想になりました。

ともやんが一番高くなったのはレイクレでの活動にプラスして再生数もとれる個人チャンネルがあること、プロバスケットボール選手としても活躍していることなどがマルチに活動していることがあげられます。

実際かなりいそがしい生活を送っていて、東京と大阪を行き来する週もあったりするそうです。

レイクレの動画に出られない時は別の仕事があるときだと本人も発信しています。

特に個人チャンネルの収益がかなり多い、もしくは3on3の大会で優勝賞金を得るなどといったこと次第では2000万円近くまでいくのではないかとも感じます。

つづいててっちゃんです。

てっちゃんの年収をほかのメンバーより高くしたのには、てっちゃんもレイクレ以外にも活動場所をもっているためです。

個人チャンネルをやっていること、少し前には俳優として舞台に立ったことなどがあげられます。

ここからいくらもらっているのかはわかりませんが、推測としてこの値段を書きました。

そして最後720万円で同率のどば師匠、たかし、ぺろ愛男爵です。

把握しきれていないだけかもしれませんが、個人チャンネルがないことや、レイクレ以外での目立った活動がないことからこの年収とさせていただきました。

どば師匠は個人チャンネルがありますが、現在は2020年1月27日より更新されていません。

そのため、そこからの収益はあまりないのではないでしょうか。

 

メンバーのプロフィール

左からたかし、ともやん、どば師匠、ぺろ愛男爵、てっちゃんとなっています。

詳しいメンバー紹介は下記の記事で紹介しているのでこちらをご覧ください。

ここでは名前生年月日年齢などをまとめていきます。

レイクレ(Lazy Lie Crazy)メンバー紹介!一度見たらはまる魅力とは?バスケ・あるあるネタが面白い

どば師匠

本名:非公開

生年月日:1997円11月27日で2020年12月時点で23歳

身長:168cm

血液型:非公開

出身大学:関西大学

グループのリーダーで自他ともに認めるコミュ力おばけ

たかし

本名:はしもと たかし

生年月日:1997年誕生日は非公開 23歳になる年です。

身長:163cm

血液型:非公開

出身大学:関西大学

思いきりのよさに定評あり、動画の進行役もつとめる

てっちゃん

本名:非公開

生年月日:1998年3月23日で2020年12月時点で22歳

身長:178cm

血液型:非公開

出身大学:関西大学システム理工学部機械工学科

サイコパスキャラ 韓国アイドルにいそうなイケメン

ともやん

本名:嶋津   友稀(しまづ ともき)

生年月日:1997年9月22日で2020年12月時点で23歳

身長:175cm

血液型:非公開

出身大学:近畿大学

バスケの腕は一流、そしてイケメン、おもしろいとレイクレ1のハイスペック

 

ぺろ愛男爵

本名:小川   周平(おがわ    しゅうへい)

生年月日:1997年4月19日で202年12月時点で23歳

身長:176cm

血液型:非公開

出身大学:関西大学

不潔界の貴公子」を名乗るグループのいじられキャラ

 

まとめ

ここまで、Lazy   Lie   Crazy【レイクレ】の気になる年収や、その年収のメンバー間での分配方法をまとめてきました。

チャンネル登録者数が50万人あたりのYouTuberになるとレイクレ本チャンネルとしての月収は約300万円ほど、年収にすると3600万円ほどとなることがわかりました。

分配についての詳しい方法はわかりませんでしたが、ほとんど毎回全メンバーが出演していることからもおそらくメンバーで均等に分けているのではないかという推測に至りました。

そしてレイクレの年収を分配したうえで、個人での活動をしているメンバーにはプラスしてそこでのお金が入ってくるので、最高年収1000万円以上を稼いでいるのではないかと考えられます。

これからさらに人気になり、登録者100万人を目指していくであろうレイクレをこれからも視聴者として、ファンとして応援していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

レイクレに関してのほかの記事もありますのでぜひそちらも参考にしてください。

LazyLieCrazy【レイクレ】まとめ

ほかのYouTuberの年収についてまとめたサイトはこちらになります。

YouTuberの年収まとめ 

 

 


年収
この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします