【釣りガールマルコス】 実は魚アレルギーで魚が食べられない!?原因はあの動物!


皆さんは世界の怪魚を釣りまわる釣りガールとして注目をあびるマルコスをご存じでしょうか。

チャンネル登録者数50万人を超えるYouTubeでの活躍はもちろん、テレビ番組への出演著書の出版など、その活躍の幅を広げている今注目の美女釣りガールです。

釣り系YouTuberといえば、大きな魚を釣ることにくわえて、そこで釣った魚を調理し、食べるというところまでがセットと考えている方もいるのではないでしょうか。

ところが、マルコスは実は魚がアレルギーでほとんど食べることが出来ないそうなのです。

そこで今回はなぜかつては魚を食べてることもできていたというマルコスが魚アレルギーになったのかどんな症状がでるのか、そしてなぜか食べることが出来る魚の正体についても明らかにしていきたいと思います。

 


マルコスはなぜ魚アレルギーになったの?○○に噛まれた!?

魚アレルギーについて詳しく語っていたのがこの動画です。

この動画投稿以前にも魚アレルギーであるということは語られていたため、魚アレルギーであるということは知っていた方もいるかもしれません。

では、いつなぜアレルギーがでるようになったのでしょうか。

○○に噛まれた!?予想外の原因とは

マルコスが魚アレルギーになった原因はある動物に噛まれたことが原因でした。

それがです。

小学校5年生のこと、ペットショップを訪れた際に猿がいたそうなのですが、そこに指を突っ込んで遊んでいたそうです。

するとそれに怒った猿がマルコスの指を嚙んでしまったのだとか。

その時は出血しただけでしたが、その後突然これまで普通に食べることができていた魚が食べられなくなってしまったというのです。

実際、猿のみならず動物に噛まれることで体質が変わってしまうということはあるそうで、今回運悪くマルコスも魚が食べられない体質に変わってしまったということです。

症状は?

症状として腹痛や、蕁麻疹、そしてひどい時は呼吸困難に陥ることもあったそうです。

ここまでひどい症状が出る限り、魚を食べるということは難しそうですね。

 


魚アレルギーだけど食べられる魚がある!?

魚アレルギーであることが判明したマルコス。

しかしそんなマルコスも完全に魚がダメというわけではなく、食べることができる魚が存在するということが判明しました。

一体どんな魚なら食べることができるのでしょうか。

食べられない魚

食べられない魚はマルコスが列挙しただけでも、ハマチブリガシラカサゴ)・メバルなどの根魚ヒラメカレイアジホッケなど多岐にわたりました。

触ることなどは問題なくできますが、食べると前述したような症状がでてしまうそうです。

食べることができる魚

食べることのできる魚としてあげられていたのが、サバです。

こちらの動画で実際にサバを釣り調理し、食事をしています。

いわゆる青物に分類されるアジやハマチなどは食べることができないものの、同じ青物であるサバは何の問題もなく食べることができるそうです。

そのため、なぜサバを食べることができるのかということはよくわかりませんでした。

他にも動画でアナゴを自分で釣って調理し、食べる動画もあったためアナゴも食べることができるようです。

他にも食べることができる魚はあるのでしょうか。

わかり次第更新していきたいと思います。

 

まとめ

ここまで、“世界の怪魚を釣り回る女”マルコスが実は魚アレルギーであるということを受け、なぜ魚アレルギーになってしまったのかどの魚が無理どの魚が食べることができるのかということをまとめてきました。

魚アレルギーになってしまった原因としては、小学5年生の頃ペットショップで指を噛まれてしまったということがわかりました。

また、アジやハマチ、根魚、カレイやヒラメなど多くの魚はアレルギーにより食べることができないものの、サバアナなどごく1部の魚に限ってはアレルギーがでず問題なく食べることができるということもわかりました。

釣るだけでなく、実際に調理し食事をしているマルコスも好きなのでこれからも食べることのできる魚を釣りに行く動画も見たいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

マルコス【怪魚ハンター釣りガール】!過去のバンド活動やその経歴を紹介!

マルコスのプロフィールや経歴について知りたい方は上記の記事をぜひご覧になってみてください。

 


サバの塩焼き
この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします